ワキガや多汗症治療の手術内容や効果、お値段を比較してみました

治療法の比較

学校に行く途中や仕事先に向かうだけなのに歩いているだけで大量に汗が出てきていませんか?

さらに車を運転するためにハンドルをまわしたり、家で軽く動いただけなどの少しの動きでドバドバと汗が噴き出してきて困ったことはありませんか?

このような症状が夏場が過ぎても起こり、特に首の後ろや脇下に汗が大量ににじみ出てくるようなら、あなたはもしかしたら多汗症かもしれません。

それってワキガじゃないの?自覚症状がないのは最悪

そして汗が大量に出る人は脇下が臭う可能性もあります。

いわゆるワキガ臭です。

ワキガの臭いは本人は自覚していないだけで他人からは臭うこともあるので、自分は大丈夫と思っていてもワキガを発症している場合があるために注意が必要です。

しかし、この多汗症やワキガ臭は治療や対策などで軽減することもできます。

ワキガや多汗症対策で一番効果的と言われるのが、レーザー治療や外科的手術による治療です。

ワキガや多汗症の根本をレーザーやメスを使用して取り除き症状を緩和する方法です。

一番効果はあり再発もしずらいとされている治療方法ですが、その分手術した箇所の痛みや赤み、違和感などの副作用が人によっては出てきてしまうのが難点です。

また一部の例外を除いて基本的に保険適用はないので、自費で費用を捻出しなければならず、お値段は10万~30万円と高額になってしまうのが通常です。

こういう面を考慮して副作用があまりなくお値段もおまりかからず、手術をしないで済む方法といえばボトックス注射による治療です。

お値段は8万円から10万円で薬の濃度によって値段も効果も上下します。

この治療法なら手術をしないで済むので結果的に比較的副作用も少なく、お値段も抑えめで済みます。

しかし薬の効果が有効なのは約半年と短く、毎シーズンに治療を受けにいかなければならないという人によっては面倒くさいと感じる面もあります。

治療方法の比較まとめ

このようにどのような治療方法にも長所や短所といったものが存在します。

手術や注射などの大げさなことをしたくないという人は上記以外の方法でワキガが多汗症を抑えるための有効手段があります。

塩化アルミニウム液を使用することです。

この液体は脇下の汗腺を抑制してくれるために多汗症やワキガ対策に有効といえます。

通販や市販でも比較的簡単に入手することができるのでお手軽に試すことができます。

市販の塩化アルミニウム液がもし効かなかった場合は、皮膚科を受診すればもう少し濃度が高い液体を支給してもらえるので、相談してみてください。

ただ、濃度が高くなる分だけ肌荒れなどの副作用を起こしやすいので注意は必要です。

上記の内容を参考に自分にあった治療手段を探してみてください。

コメントを残す