サーミドライの手術なら他人にワキガだとバレません!気になるお値段は?

サーミドライ

脇汗は本当に厄介ですよね。

一度気になると余計に脇汗が出てくる気がするし、自分の汗が臭っていないか非常に気になります。

ボタボタと流れ出る汗のせいで、制汗剤や脇汗パッドが毎日手放せないといった方が多いと思います。

内服薬や外服薬、一定期間だけ汗の効果を抑えるボトックス注射による治療を試してみても効かない。

じゃあ思い切って手術を受けてみようと思っても、手術後に包帯やガーゼなどで固定する方法では学校や職場でバレてしまう危険性があり、できれば回避したい。

そんな人が多いと思います。

サーミドライの施術ならバレるリスクが軽減

サーミドライなら施術後に他人にワキガ治療をしたことがバレるリスクが格段に減ります。

サーミドライはFDA(アメリカ食品医薬品局のこと)に認可された医療機器のサーミRFを使用しています。

アメリカで安全性が認められたものに対してだけが許可される基準をクリアしているので安全性が高いといえます。

サーミFRには赤外線カメラやサーモグラフィーが内蔵されており、熱源をはかることができるので、やけどなどの心配のリスクが低いのが特徴です。

約1mmの管のカニューレを直接皮膚に挿入して、多汗症やワキガの原因である汗腺を高温で破壊します。

温度を見ながらの施術となるので、完全に近い形で汗腺を滅失できます。

一度破壊した汗腺は二度と再生しないと言われているので、再発の可能性は低くなります。

治療時間とメリットとは

治療時間は約2~3時間で、日帰りで治療できるのもサーミドライの良いポイントです。

また術後に包帯やガーゼなどで固定する必要がなく周囲に手術したことがバレるリスクが格段に減ります。

手術をした翌日から学校や仕事を休む必要がないので安心です。

治療の際には局所麻酔を使うので手術時に痛みはあまり感じません。

もし痛みがあっても痛み止めを支給してくれるクリニックが多いので安心です。

皮膚に使用する管も1mmなので、傷跡も目立たなくてしばらくすれば消えてくれます。

お値段は30万から35万でクリニックにより値段が異なります。

良いポイントが多いサーミドライですが、不安な点ももちろん存在します。

それは日本ではまだこの医療器具を導入して日が浅いという点です。

だから日本での施術症例の数は少なく実績まだあまりありません。

もしサーミドライを受ける際は術師に治療手順や起こるかもしれない副作用、もし副作用が起こった場合の対処の仕方などを十分に確認して治療行為を受けることをおすすめします。

コメントを残す