肌を傷つけない・ダウンタイムが少ないワキガ手術方法なら「ミラドミライ」お値段はいくら?

ミラドライの値段

多汗症やワキガに悩んでいる人は今やかんりの人数にのぼります。

日本で約120万~240万人が潜在的な多汗症やワキガの症状を持っていると言われています。

しかしその内の約1割程度の人しか医療機関を受診していない現状なので、クリニックに行かずに悩んでいる人が多いということです。

悩んでいる人ほど医療機関に行くと簡単に改善できる

また自分がワキガや多汗症と気づいていない人もいると言えます。

もしワキガや多汗症の自覚があって医療機関を受診して外服薬や内服薬を試したりしても効果がない場合、次の解決手段として手術などを考えることでしょう。

しかし安易には肌を傷つけたくないものです。

さらに他人に自分が多汗症やワキガなどとバレたくないからダウンタイムが長い手術を受けたくないという人もいるかと思います。

しかし最近では肌を傷つけない、ダウンタイムが短くて済む治療方法がいくつか日本にも出てきました。

その1つがミラドミライという施術方法です。

皮膚を切らないミラドライとは?

ミラドミライは皮膚を切らなくて良い治療方法なので、多くのクリニックでも導入されつつあります。

アメリカのFDAで認可された安全性が高い医療機器を用いてメスを使うことなくワキガ治療ができるので、ダウンタイムがほぼ無いのが利点です。

そのために手術翌日から仕事や学業を休むことがなく、いつも通りの生活を送ることができます。

また翌日から入浴も可能です。

2.3日は激しい運動は控える必要がでてくる他はあまり拘束はありません。

また皮膚の切除を行わない分、合併症などのリスクが低くなり安全性の高い施術方法だといえます。

肝心の施術方法は、マイクロウェーブという電子レンジや衛星テレビ放送に用いられている電磁波を使用しての治療になります。

術師がモニターをチェックしながら電磁波を脇下に照射していきます。

ミラドミライはコンピューター制御がきくので、万が一にもやけどを負う危険性は低く、手術を行うよりも広範囲の治療ができるので、より効果的な多汗症、ワキガ治療ができます。

電磁波によりワキガや多汗症の原因となるエクリン汗腺やアポクリン汗腺の両方を高熱で破壊していきます。

根本まで破壊された汗腺はほぼ二度とは戻らないので、再発の可能性は低くなります。

また医療機器には冷却装置が内蔵されているので、皮膚への負担も最小限で済みます。

お値段は30万円前後で、最近ではさらにプラス10万円を上乗せすることにより、再発した場合に1年間は治療代が無料になるコースも出てきています。

コメントを残す