脇汗の悩みを解決したいけど手術したくない!ボトックス注射ならお値段も抑えられる?

ボトックスで対策

脇汗から大量の汗をかいたり、ワキガの症状が見られた時に一番効果が見込まれるのは、皮膚科や形成外科による手術方法です。

しかし剪除法などの体にメスを入れる手術手段はなるべく避けたいものです。

特に女性の方はその傾向が強いことでしょう。

肌を気づつけないでできる対策は?

そのように肌を傷つけることに抵抗がある人におすすめな施術方法は、ボトックス治療を行うことです。

この方法は顔のしわを改善する治療として聞いたことがあるかもしれません。

しかし実は多汗症やワキガにも効果が見込まれるのです。

このボトックス治療とは、ボツリヌス菌という元々は毒素物質を有効成分に精製したものを患部に直接注入する施術方法です。

ボツリヌス菌を直接注入するわけでは無いので安全性は心配いりません。

世界の80か国が使用している治療方法なので成功症例がたくさんあるのも安心材料です。

しかし注射針を使って脇の下に注入するので、ちくっとした痛みは感じます。

痛みが苦手の人は麻酔クリームのような痛みを軽減する方法がないか事前に術師に確かめておくことをおすすめします。

しかしこのボトックス治療を行うことにより、発汗の原因となる人が活動している時に作用する交感神経からの汗腺の刺激を減らすことができるのです。

脇への汗腺の刺激が減れば、脇からの大量の発汗が止められ、ワキガへの効果も見せます。

ちなみに汗のメカニズムやワキガなどに詳しい五味クリニック院長の五味常明先生によれば、脇の汗腺は体の体温調節機能には関わっていないので、ボトックス治療を施しても体に害はないそうです。

治療当日はともかくとして長期に渡るほてりなどの体に不調があらわれるなどのリスクは低いといっても良いでしょう。

実際の効果が知りたいんだけど

実際の効果としては施術後2~3日ほどで効き目があらわれ始めて、約半年ほど効果が持続します。

この期間については各クリニックでの投薬の濃度が統一されていないので、クリニックによってや人によって差が出てきます。

9か月効き目が持続した人も場合によってはいます。

平均持続期間は半年ほどなので、本格的に汗が出やすい夏場がくる前にボトックス治療を行う人が多い傾向にあります。

お値段については約8万~10万円くらいかかります。

場合によっては保険控除が効くので、その場合は3割負担の時に3万円前後に抑えられます。

汗を拭いても拭いても滴り落ちてきて、制汗剤などを試してみても症状が緩和しないのなら、ボトックス治療を試してみませんか?